ポリフェノールとニオイの関係について

赤ワインなどに入っているポリフェノールがニオイとどの様な関連があるのか見ていきたいと思います。

ポリフェノールと言えば高い抗酸化作用があるため、活性酸素や過酸化脂質による体の錆や体の老化促進をとめてくれる抗酸化物質です。女性にとってはありがたいものです。そのため、ポリフェノールを摂取することで体の酸化による脂肪酸などのニオイ物質の発生を抑え、体臭予防にも役立つのです。

またポリフェノールの効果は、石鹸やデオドラント剤などに使うことで外側から体臭を防ぐ効果も期待できるのです。それはポリフェノールが高い抗酸化作用で酸化によるニオイ発生を防いでくれるからです。

ポリフェノールが持つ高い抗酸化作用も体臭を防ぐのに役立ちます。ニオイ物質は皮脂が酸化したり、皮脂と汗、垢などが混ざって酸化することで発生します。

汗から発せられる嫌なにおいはポリフェノール入りソープで抑えられるかもしれないなんて嬉しいですね。

胸・背中の汗,【ボディサラミスト】